Home > 人間 > ひょっとしたら間違えているのかもしれない、ということについて

ひょっとしたら間違えているのかもしれない、ということについて

  • Posted by: hayax
  • 2009年5月14日 01:09
  • 人間

どうもお疲れ様です。


今回は、昨今の日本はあるべくしてあって、あまり窮屈に物事を考えることは間違えているのかも、、、と思ったことについて書きたいと思います。


このブログの目的は問題解決のために書いているわけではないのですが、考え方として、自分の中で何かの間違いを正すために書いているような気がしてきてました。

そのため、どうにもブログを書こうという気になれませんでした。汗


「今の日本はどこか間違えている。」

これは多くの方々が思われていることだと思います。
が、そういう方々が集まって日本が成り立っていると思います。
そして、成るべくして日本の社会が成り立っているような気がしています。


人間の本質的な部分や、行動論というのはずっと昔から変わってないはずなのに、昨今の日本はどこか間違えている、というのはどこか矛盾を感じたりします。

これは偏に、今までに見えてなかったことが見えてきただけのことであって、それを認識しはじめたから、そう思うんだと思います。

実は、間違いというのはずっと昔からあったことだと思うのです。
なので、今のプロセスを歩むことは決して間違いではないと思うのです。


現代社会において、一昔前に戻ることが正しいことである、というのであれば、そういう方々は pc は使わない方が賢明のように思います。
youtube を見たり、 mixi で知らない人とやり取りをしたり、メールを使って要件を済ませてしまったり、明らかに時代の流れの影響を受けることをしています。

また、品性の欠ける行動を控えることがそれらに繋がるかというとそうでもないような気がします。
年寄りの人でも順番を守らなかったり、常識を守らないことも多々あります。


実は、今まで多めに見てたことが、多めに見れなくなっているだけかも知れません。
何が正しいか、とかそういうことは分からないのですが、現代社会の在り方が正しくないことが多い、と感じてたのは、実はその考え自体が間違えな発想のような気がしてます。

真理は分からないのですが、そういう(ゆとり教育ではないのですが)ゆとりがなくなってきたことの現われだったのかも知れない、と感じています。


実は、ぼくがこうやってブログを書くこと自体、ひょっとして間違えているのかも知れない、と考えてたりします。汗


そんなことを考える前に、出来る限り対面で笑い話をしたり、電話をするようにしたり、マジメに選挙で投票したり、、、当たり前のことを当たり前のようにしたいと思ったりした今日この頃です。

Trackbacks:0

TrackBack URL for this entry
https://www.shakaimondai.jp/mt/mt-tb.cgi/241
Listed below are links to weblogs that reference
ひょっとしたら間違えているのかもしれない、ということについて from 社会問題.jp

Home > 人間 > ひょっとしたら間違えているのかもしれない、ということについて

Feeds
Links

Return to page top