Home > 環境 > 素敵な宇宙船 地球号 感想

素敵な宇宙船 地球号 感想

  • Posted by: hayax
  • 2009年3月29日 23:55
  • 環境

どうも、お疲れ様です。


最近、更新出来ずすみません。
まだまだ更新したい内容はあるので、多少の時間が開いても更新しようと思っています。


今回は、さっきテレビでやってた「素敵な宇宙船 地球号」の感想です。


テレビ朝日|素敵な宇宙船地球号


どういう話かというと、、、


携帯を利用することで、マウンテンゴリラの生態に影響しますよ、、というか、携帯によって救われるマウンテンゴリラもいれば、殺されるゴリラもいる。


ということでした。
非常に難しいテーマです。


んで、検索をしてみると、以下の関連記事が出てきました。


ゴリラと携帯電話


日本や先進諸国が携帯電話を利用しまくったり、品質を上げようと思うと、どうしても「タンタル」というレアメタルが必要になるみたいです。

しかし、そのタンタルを取ろうとするとマウンテンゴリラに影響するみたいです。

今利用している携帯は今年に入ってから変えたもので、 2 年使ってました。
これからは 3 年は使うようにしようと思いました。

それはいいとして、、、


ルワンダやコンゴ、ウガンダあたりは非常に貧しい地域なので、こういった鉱物が資金の元になるみたいです。
そのため、内紛が収まらず無法地帯化しているようです。
んで、どの機構も手を出せない状況みたく、今の状態ではマウンテンゴリラの頭数もどんどん減ってく見込みだそうです。


今になって気がついたぼくが言うのも生意気かも知れませんが、出来るならばマウンテンゴリラの生息地を別のところに移すなり、色々手を打って頂きたいところです。

恐らく、このまま先進化を望む先進諸国がある限り、必ずそういった鉱物はビジネスのタネになると思います。
もし仮に、自分がそれに関わってたとして、鉱物を掘り出して売ること、若しくは流通させることで大金が手に入るならやってしまうと思います。


鉱物の掘り出しを止めるか、ゴリラや他の動物に生活場所を提供するか、をしないと、間違いなくもっともっと頭数が減ると思います。


こういった鉱物や地球資源は、この地球上にまだまだ眠っているとされています。
原油にしてもレアメタルにしても、、、
色々と制限はかかっているみたいですが、それを無視しても数十年は全然持つようです。


と、この数字をどのように見るか、というのも面白そうな感じです。


どれだけか分からないくらいの期間、地球は稼動しているのに対して、鉱物などの地球資源を掘り出すようになって、 100 年から 200 年で地球資源を使いまくってしまうくらい、人間はエゴなことをしている、というようにも取れる気がします。

細かいことは全然知らないのですが、人は色々な意味で今の生活で辛抱することから始めなければいけないような気がします。


また、宗教的なことであったり、資源・資金的なことであったり、、、(このレベルになってくると、どうにもならないような気がしないでもないですが、)そういったことが原因で起きる内紛を抑えられる手立てがあればなぁ、、、と、こういうことを知るたびに思います。


と、それよりも、北朝鮮問題が先ですかね、、?


兎角、こういった問題を他人事として見ないで、自分は何が出来るか、ということをしっかりと考えたいと思います。
ではでは。

Trackbacks:0

TrackBack URL for this entry
https://www.shakaimondai.jp/mt/mt-tb.cgi/201
Listed below are links to weblogs that reference
素敵な宇宙船 地球号 感想 from 社会問題.jp

Home > 環境 > 素敵な宇宙船 地球号 感想

Feeds
Links

Return to page top