Home > 人間 > | 教育 > いじめ ~いじめる側と総括~

いじめ ~いじめる側と総括~

どうも、お疲れ様です。


びっくりニュースを発見しました。

鳥取の小学校は「学級委員長」なし 「なれない子供が傷つくから」?

鳥取県・人権団体の方々のお考えがあってのことだろうとは思うのですが、その意見や意思、尊重すべきこと、考え方を表明して頂きたいと思います。

それよりも個人的には、橋本府知事のガンガン前に出る仕事っぷりの方が好感度高いです。


さて、前回の続きとなるいじめについて書こうと思います。


前回は、いじめられる側のことについて書いてみました。

今度はいじめる側のことと総括(?)を書こうと思います。


いじめる側の心境、、、というか、小中高の頃って、「やんちゃ=カッコイイ」という概念みたいなのがあると思います。
それだけが理由というわけではないと思いますが、心情はそういったところにあると思います。
そのため自己表現の手段としてそういったことをしてしまうんだと思います。


ただ、気の弱い人の場合は先生や親に怒られることが怖くてしなかったり、気の弱い人に限らず友達が好きでそういうことをしない人が大半だと思いますが、頭にきて開き直る人が出てくると大変です。
やりたい放題しそうな勢いになるので、手がつけられなくなる可能性があったりすると思います。


しかし、これらは絶対的に間違えていることを伝えなければいけません。
これについて、もう体当たりでの教育でしか解決出来ないと思ったりします。

カウンセリング施設がどれだけあっても事後の対応でしかなかったり、海外の文化としていじめ防止プログラムがあるようですが、日本人に馴染み易いプログラムなのかどうかを考えた時、なかなか馴染めないと思います。
現在も何か思索中かも知れませんが、いじめは増加傾向にあるようです。


暑苦しいほどのことをする先生がどれだけいて、「もう逆らえません。」と言わせることが出来る先生が何人いるか、というところに尽きるような気がします。
ほっとけば、モンスターペアレントというやつまでのさばるくらいですから、先生も大変です。
教師いじめというやつでしょうか。


小中高の時というのは、体力がモノを言う世界、、、というわけではないのですが、体力差でモノを言う人がいます。
持って生まれた個人差、というところでしょうか。
なので、どこかで上下感が生まれてしまうと、いじめの可能性が出てくると思えます。
体育大会やテストなど、様々なところで上下感が出てしまうところがあると思います。

ただ、そういった上下感がなければ人は努力しないですし、甘えてしまうと思うので上下感は必要ですが、必要以上にそれを強調する必要もないと思います。
が、いじめをしてしまう人というのは、そういった空気を読めないようなので。。

出来れば、「強きを挫き、弱きを守れ」ということを教える場所が学校であってほしいです。

誰でも強い部分があって、弱い部分もあるので、みんなで助け合い、、、ということを言うつもりはありませんが、自分発揮する場所を間違えないで頂きたいと思います。

弱いものいじめより、強い奴に向かってく方が断然カッコイイですしね。


言いたい放題言わせて頂いて物凄く恐縮なのですが、これらは自分にも言えることだと思ってます。
自分が強くなって、色々な人の助けになりたい、常にそう思っています。
自分の持っているモノの使い方を間違えず、信念と覚悟を常に持っていたいと改めて思ったりします。


さて、いじめは本当に宜しくないことだと思うのですが、「ダメダメ」と言っているだけではいけないと思うので、今後、そういったことに出くわした時には、キッチリと対応できるように色々と予測をしてたいと思います。


そんな感じで、いじめについての考察、、、というか雑感は終了にしようと思います。
ではでは。

Trackbacks:0

TrackBack URL for this entry
https://www.shakaimondai.jp/mt/mt-tb.cgi/154
Listed below are links to weblogs that reference
いじめ ~いじめる側と総括~ from 社会問題.jp

Home > 人間 > | 教育 > いじめ ~いじめる側と総括~

Feeds
Links

Return to page top