Home > 人間 > | 教育 > いじめ ~いじめられる側の状況~

いじめ ~いじめられる側の状況~

どうもお疲れ様です。


いじめについて続きを書こうと思います。


前回の記事に、いじめの(私の思うところでの)根本的な原因と、そのケースを書いてみました。
全てを書き出せているとは思っていないですがとりあえずは、、、というところだと思っています。


さて、今回は、いじめられている本人の気持ちや状況を考えてみたいと思います。


状況としては、かなり辛い状況だろうと思います。
自分一人がいきり立ってケンカする度胸もパワーもなければ、したこともないだろうし。
というか、そこまでやんちゃする人がいじめられるとは思えません。

んで、親や兄弟、学校以外の友達などなど自分に関わりのある人たちの顔を思い浮かべたら、物凄く悲しくなると思います。
自分が間違ったことをしたとは思えないし、それなのに、、、という思いに駆られたり。。

下手な相談は出来ないし、惨めなところは見せたくないだろうし、何よりそういった人たちを悲しい気持ちにさせたくない、、というのが、当の本人らの気持ちのような気がします。

だけど、自分一人だと何も出来ないのです。
かなりネガティブになって当たり前だと思われます、また、酷くなれば鬱症状を持ったりする可能性もあると思います。
この辺りは子供だけではないと思いますが。


実際にいじめられた経験、、、というよりは、学生の時、ぼこぼこにされてた時のことを思い出して書いてみました。笑
以前にも書いたかも知れませんが、ぼくは柔道をしてて、高校から家を出て生活してましたので、その頃は大変な生活をしてた感じでした。
先生は割と黙認状態ですし。笑

最も、ぼくは先輩からどれだけやられても、「そのうち、必ずやり返す」という気持ちを持ってやってたので、割と報われた感があったですけど、学校いじめの現場でそういう気概を持つことが出来るとは思えません。


話は少しそれますが、ここは学校の先生も少し考えなきゃいけないことだと思ってたりします。
いじめは絶対に許さん、という強い意思や決意や気概がない限り、誰もいじめはやめません。
先生が生徒より、強くあるべきだと思うのです。
学校や教育委員会や親御さんや国としては、授業を進めて勉強してナンボかも知れませんが、家庭教育が疎かになってきている以上、そういった道徳にも力を入れるべきだと思います。

なので、いじめの片鱗が見え隠れしていると思ったら、断固としていじめをやめさせるべき態度を取る必要があると思ってたりします。


話を戻しまして。


んで、最近ではカウンセリングなどの施設が出来てきているようです。
子供から大人まで、と言ったところでしょうか。
アメリカやヨーロッパでは、もっと進んできているようで、向こう曰く、「日本はもっといじめ防止のプログラムなどのインフラを整えるべきだ」ということを言っているようです。(欧米か!?)

いじめられている側としては、文化的な意味も考えると、まだまだ相談しにくいとは思うのですが、先生の器量でなんとか相談でも構いませんし、出来れば学校に行かせてあげられるような環境作りをして頂きたいと、他人事ながら思ってたりします。


最近では、ネット上(メール含め)でのいじめがあるようですが、あんなのは関わらなければいいだけだと思うので、何と言うか、、ノーコメントです。笑
個人情報を出されて中傷されたら、警察への届出をすればいいと思います。
若しくは、サイト運営社さんですかね。
書き込まれている情報と本人情報と被害状況を提出して、それがいじめだということが分かれば、誰でも動くと思いますけどね。
そういった状況証拠があれば迷惑防止条例違反とかで逮捕出来たりもするみたいです。
ネット上では顔が見えない、ということは正しいですが、公の機関が動けばすぐに個人情報は割り出せます。
いつ、どの回線(末端)で、どのサイトに居たか、ということなど。。
ウィルスで情報が流出してしまうようなことになると、犯人断定はかなり難しいと思うのですが、そうでもない限り、必ず割り出すことが可能です。
書き出されている情報と本人情報の一致が出来るような状態にして、必ずサイト運営社さんか警察へ届け出ましょう。


さて、うんたらうんたら書いたのですが、まずはこんなところだと思っています。
ただ、現場で働いているわけではないので、かなり想定が入っています。

現場で働かれている方々のご意見やご指摘などは、有り難く頂戴したいと思いますのでお気軽にコメントをお書き頂けたらと思います。


ではでは。

Trackbacks:0

TrackBack URL for this entry
https://www.shakaimondai.jp/mt/mt-tb.cgi/152
Listed below are links to weblogs that reference
いじめ ~いじめられる側の状況~ from 社会問題.jp

Home > 人間 > | 教育 > いじめ ~いじめられる側の状況~

Feeds
Links

Return to page top